長崎のデリヘルで働く女の子を上手にコントロールする。

2012年9月10日

風俗嬢、デリヘル店の女の子、何かに付けて48人いるグループ、など、女性は特に「えこひいき」を嫌います。ひとりの女の子だけが経営者、社長や上司との距離が近いと周囲は一気に引いてしまいます。もちろんお店にとって稼ぎ頭は特別な存在であり引きとめておく為にも、かわいいし大切にしたいという気持ちも解ります。

成果を上げていない子を特別扱いする事だけは絶対に避けるべき

あくまでも彼女の仕事ぶりや成果を評価するのであり、個人的な感情で接していると周りの女性達、女の子のやる気を削ぐカタチになってしまいます。その辺を意識しながら、周囲も「あの娘はお仕事を頑張っているから評価されてるんだね」と納得し、自分も、周りの子も、頑張って稼ごうと思うのです。自分の好みだからといって、成果を上げていない子を特別扱いする事だけは絶対に避けるべきでしょう。

私は過去に似たような失敗をしたことがあります。在籍してたコンパニオンが次々と辞めていきドタキャンが相次ぎ、いじめの対象は私となり稼ぎ頭の女の子と私だけ残ってあとはみんな辞めていきました。仕事のチャンスも評価も平等に与えなければ自分が大変な目に会います。こんな事が起きないように、女性のデリヘルオーナーが少しづつ成果を上げてきてるみたいです。まぐろ職人のオーナーさんは相当のやり手らしく、在籍嬢のモチベーションも高いそうです。私も、女性マネージャーでも雇ってコンパニオンを指導してもらうべきだろうか?

もう一つ気を付けて欲しいのは、お店のコメントですね。

これは女の子の紹介分が結構なポイントですね。正直、おすすめのまぐろ職人のお店にもありますが、他のお店は、このコメントもありきたりの事しか書いて無くて、実際にあって見ると書いている内容と全く違うみたいな事も多々ありますよね。

こういう場合もお店選びの基準になりますよね?あと女の子の説明が結構しっかり書いてあり、内容も細かいとお店側もその子を押している可能性もありますが、コメントが少ないとか、無い場合は余りお店も進めていないデリ嬢かもしれませんね。全て今まで話した通りでは無いと思いますが、多少は参考になると思います。特に口コミ情報やレビューを確認するのは、長崎 デリヘルで女の子を探すさいにおススメです。